不織布とは

不織布とは

不織布

不織布とは、読んで字のごとく織っていない布のこと。

身近なものですとフエルトです。繊維を接着剤で接着して固めたもので、

弾力性に富み。通気性がよく、形を自由に変えられるのが特徴です。

紙と布の中間のような素材のことです。

 

不織布が生まれたのは、ドイツのフエルト業者が毛くずや紡毛を接着剤で固めてフエルトの代用品をつくったことといわれています。これが工場で生産されたフエルトの第一号です。

 

不織布は通気性やろ過性、保温性に優れています。

また不織布は大量生産が可能であり、低コストで生産できます。

 

不織布は製造上織物や編み物より耐久性が低いので何度も繰り返し使用するのもには向きませんが、繊維を紡糸する必要がないので低コストで生産できます。

 

フェイスマスクは基本的に使い捨て。不織布には美容液がしみこみやすく、保温性に優れているので高い保湿効果が得られます。フェイスマスクに不織布が用いられるのはこのためといえます。

その他の使い道としてはコストが安いのでマスクやお掃除ワイパーなど。日々使い捨てするものによく使われています。

アズマカラーでもフェイスマスクには不織布でできたマスクを使用しています。

お問い合わせ
PAGETOP
Copyright © 株式会社アズマカラー All Rights Reserved.