パルミチン酸

パルミチン酸

パルミチン酸とは

飽和脂肪酸の1つで、ヘキサデカン酸とも呼ばれます。取りすぎると悪玉コレステロールになるため良いイメージがありませんが、エネルギーを生み出すにはとても重要な役割をしています。

抗酸化作用がありますが、パルミチン酸が不足するとビタミンAを安定させることができなくなりしわが増えてしまいます。
オイリースキンを安定させ、皮脂をコントロールする作用もあります。
このようにビタミンAを安定させることによりお肌のターンオーバーを正常にし、シワ防止効果、ニキビ予防に効果的な成分です。

健康のためには必要な成分ですが、取りすぎはよくないばかりでなく、体内にたまりやすい成分でもあります。過剰に摂取することはお勧めしません。

お肌のためには外側からの摂取ができます。ぜひ化粧品を利用してみてはいかがでしょうか。
近年雑誌などにも取り上げられパルミチン酸も多く含むオイル美容がおすすめです。
パルミチン酸は、オリーブ油・椿油などに多く含まれます。
キャリアオイルには様々な種類があります。詳しくは成分ごとにも説明していますので是非ご参照ください。
化粧品に利用されるオイル

お問い合わせ
PAGETOP
Copyright © 株式会社アズマカラー All Rights Reserved.