フェイスマスクのOEM

フェイスマスクのOEM

フェイスマスクとは

アズマカラーは埼玉県さいたま市にある長年グラビア印刷業を営んできた製造会社です。2010年より化粧品製造工場を所有し、自社工場内でフェイスマスクを製造しています。

フェイスマスクと言ったら、どのようなマスクを思い浮かべるでしょうか。

アズマカラーでは、顔型の不織布でできたフェイスマスクのことを言います。美容液をたっぷりと含ませ、お顔全体を覆うタイプのマスクになります。

コロナ禍の現在ではフェイスマスクと聞くと感染予防のマスクを想像する方も多いようです。実際に感染予防マスクが不足していたころには随分とお問合せもいただきました。

一方、美容フェイスマスクと聞くと、美容系のシートパックを思い浮かべる方がおおいのではないでしょうか。シートを広げると目や鼻の部分が空いていてい、お顔全体にフィットさせる美容パック。フェイスマスク、美容液マスク、フェイシャルパックなど呼び方も様々です。アズマカラーでは不織布でできたシート状の美容フェイスマスクをOEM製造できます。

フェイスマスクのOEM

アズマカラーではフェイスマスクのOEMを承ります。おもに1枚入りの個包装タイプ。スキンケア用のフェイスマスクのOEM製造を承っています。

原料調達から製品納品までのすべての工程を自社内で行います。

美容液をたっぷり浸した、フェイスマスク(フェイスパック・シートパック)の製造に力を入れ、不織布を自動で顔型に抜き、自動で袋入れできる機械を導入しました。設備については製造工場紹介をご覧ください。

これにより、顔型シートの封入が自動で行われるため資材の準備が速やかにできフェイスマスクを小ロットから大ロットまでOEM製造できるようになりました。この日までに納品してほしい、などの納品日が決まっている場合などもご相談ください。可能な限りお客様のご希望に沿うよう製造いたします。

フェイスマスクの種類

アズマカラーでお取り扱いできるフェイスパックは3種類。一般的に不織布と呼ばれる素材でできています。

コットン、ベンリーゼ、レーヨンの3タイプをご用意しています。

各タイプは厚みもお選びいただけます。

 

 

コットンフェイスマスク

コットンフェイスマスク

 

 

 

天然素材でやわらかな風合い。肌触りがよく高い吸収性をもちます。

接着剤を使わず水の力でシート化させているのでとても衛生的。

フェイスパックはお肌に直接触れる製品なので、安心して使用できる素材を採用しました。

アズマカラーのOEM製造では天然素材のマスクをご希望のお客様には

コットン不織布をお勧めしています。

右の画像をご覧ください。これは美容液をたっぷりと浸したパックを取り出し、腕に貼ってみた画像です。ある程度の厚みがあるコットンタイプは美容液を含むとふっくらとして、柔らかな貼り心地。美容液がたっぷり含まれているので贅沢な印象です。

詳しくはこちらをご覧ください→コットンとは

ベンリーゼ

なめらかで柔らかな素材。毛羽立ちが少ないので密着感に優れています。

天然コットン原料100%

こちらも天然のコットン原料を用いて製造されますが

コットン綿の種子のまわりの産毛の部分を利用して作られます。

線維同士の自己接着力を利用して作られているので不純物を含まず衛生的な素材です。

水分を含むととても柔らかくなるので、使用感がとても良いことが特徴です。

線維の断面が真円に近いので摩擦が少なく、擦れ合った時のダメージが抑えられる素材です。

 

 

密着力となめらかな肌触りをご希望の方にはベンリーゼコットンがおすすめです。

右上の画像をご覧ください。ベンリーゼタイプはとても薄く繊細なパックです。美容液を含むとお肌にぴったりと隙間なく張り付きます。画像からもお肌に非常に密着していることがわかります。切り込みの入っている目や鼻周辺など、浮きやすい場所もぴったりとフィットします。美容液を含むとなめらかな貼り心地を体験できます。

詳しくはこちらをご覧ください→ベンリーゼとは

 

レーヨン

レーヨンフェイスマスク

吸水性に優れ、柔軟性が高いのが特徴。

レーヨンとは化学繊維のうちの、再生繊維。

植物性の原料から作られています。材料としては天然素材と比べると比較的安価。

肌触りがよくなめらかで光沢のある生地。柔らかいのに丈夫で破れにくいのが特徴です。

コストを抑えたたい、薄くて肌触りのいい素材をご希望のお客様には最適な材料といえます。

詳しくはこちらをご覧ください→レーヨンとは

 

 

 

フェイスマスクの厚み

薄いタイプ

薄いのでマスクとお顔の密着度が高まり、はがれにくくなります。

何かをしながら動き回ってもはがれにくいのが利点です。

厚いタイプ

美容液がたっぷりと含まれているので横になった状態の使用には最適(エステでの施術等)

 

フェイスマスク専用処方

フェイスマスクをOEMする際に要となる美容液処方。アズマカラーでは無償でサンプル提出をさせていただいています。

詳しいコンセプトが決まってなくても、アズマカラーでは汎用処方としてタイプ別の美容液をご用意しています。お好みの成分や、気になる成分を添加することにより、オリジナル処方としてご利用もできます。

汎用処方に含まれる成分は十分に在庫していますので、サンプル提出もスムーズにできます。

ぜひご利用ください。

詳しくは美容フェイスパック専用美容液についてをご覧ください。

フェイスマスクOEM製造のポイント

製造依頼時のポイントとしてはまず素材選び。

ここで不織布ではありませんが、同じ顔型のマスクということでバイオセルロースマスクも加えておきます。特徴は下記のとおり

種類 価格 おすすめ 特徴
コットン 普通 エステでの施術
普段使い
厚みがありふわりとした貼り心地
ベンリーゼ やや高 普段使い
スペシャルケア
お肌に密着感が得られる

レーヨン

やや安 大容量での販売
シート単体での販売
柔らかく丈夫
やや光沢がある
バイオセルロースマスク 高い 高価プレゼント
高級化粧品
植物性の原料を使用しているのでお肌に優しい。美容液をたっぷり含む特性があるので、潤い効果抜群

1.生地選び マスクの種類・厚みを決める。

2.最終梱包形態

3.おおよその販路・予算

ロット数によって最終形態が決まってきます。

最低10,000袋以上のロット数がある場合は、グラビア印刷での印刷袋が出来ます。
こちらはよくある食品の袋のように印刷を施し、美しいパッケージに仕上がります。

フィルムパッケージ製造

グラビア印刷のパッケージ

 

 

 

 

 

 

10,000袋以下の場合でもケースによってはグラビア印刷は可能ですので、ご相談ください。
(例えば 2000袋を5回に分けてのご注文で合計10,000袋など)

通常は10,000袋以下の場合、無地のアルミ袋にラベルシール対応となります。

コスト・リスクを抑えたいという方にも小ロットで使用できる汎用資材をご用意しています。
詳しくはOEM化粧品専用の包材・資材についてをご覧ください。

無地のアルミ袋にデザインを入れるイメージ

 

 

 

 

 

 

フェイスマスク専用のアルミ袋(規格サイズ)

 

ロット数についてメリットデメリットをまとめてあります。ロット数についてをご覧ください。

また、OEM製造の流れにつきましては、オリジナル化粧品ができるまでをご覧ください。

可能な限りお客様のご希望に沿ったロット数の製造をしたいと考えています。ぜひご相談ください。

 

美容液充填~製品まで

フェイスマスクの美容液充填は、専用機械で行います。フェイスマスクの製品になる前人の手による最後の検品作業

美容液充填、シール、ロット番号印字を1つの

ラインでこなします。

美容液量は23ml~30mlにご対応

(推奨は25ml)

注入後、重量選別機を通過し

不良品は見逃しません。

数量の機械的カウント、人の手による最終検品作業を経て製品となります。

製造設備につきましては製造工場紹介をご覧ください。

バルク支給

バルク・包材等をご支給での充填作業のみも受け付けております。

自社の製造ラインがいっぱいで作業が進んでいない、など、お困りのことがございましたら是非ご相談ください。美容液を含ませた広げたフェイスマスク

詳しくは化粧品OEM事例のページもご覧ください。

 

選ばれる美容フェイスマスク

アズマカラーではお客様に選ばれる付加価値のついた製品をご提案しています。たとえば水素水を用いたもの。美容液に水素水を用いて付加価値をつけています。1枚づつ個包装のフェイスパックを推奨しています。少量の設定にすることにより、プレミア感が生まれ、商品単価を自由に設定できます。今話題の水素水を使用しているというだけで注目されること間違いなしです。

1枚入りを単体で、お試し商品をつくるのはいかがでしょうか?お客様に少量でお試しいただき、本商品へ誘導する引き金にもなります。1枚入りを単体で販売、または複数個を化粧箱入りでリッチ感をだすのも最近人気の商品です。

 

アズマカラーでフェイスパックのOEMをしませんか。機械の力、人の手の力を最大限に発揮、

安心で安全、信頼できる製品をご提供しております。

【注意】新型コロナウイルス関連肺炎による影響で感染予防用マスクのお問い合わせが急増しております。当社では感染予防用マスクは取り扱っておりません。予めご了承のほどお願い致します。

お問い合わせ
PAGETOP
Copyright © 株式会社アズマカラー All Rights Reserved.