紫外線

紫外線

夏は誰もが日焼けで悩まされる紫外線。実は夏だけではなく紫外線は一年中肌に影響を及ぼしています。しみ、シワ、たるみ、そばかすなどの原因になったり、肌老化の約90%は紫外線が原因だともいわれます。そんな紫外線を浴びてしまった肌を少しでも改善するためのスキンケア方法やNGポイントなどをご紹介します。

紫外線が肌に与えるダメージ

コラーゲンという物質を壊してしまう。
②炎症を起こし、赤くしてしまう→後の日焼け
③新陳代謝を乱れさせ、肌老化を促進!

この3つのダメージ以外にも、遺伝子を傷つけてしまうため、浴びすぎてしまうと皮膚がんの原因になってしまうこともあります。また、夏は、汗をかくため汗をタオルなどで拭きますが、それも肌ダメージの原因となってしまいます…。

では、そんなダメージだらけの肌を少しでも良くするためにはどうしたらいいのでしょうか?

スキンケアのポイント

紫外線を浴びてしまった後の肌は、水分が奪われてしまっているため、砂漠状態です。アフターケアはしっかりとしましょう。

まず、角質の汚れを落とします。日焼け後のお肌はとてもデリケートなのでたっぷりの泡でこすらないように、優しく洗いましょう。

洗顔後は化粧水でお肌を整えた後は、保湿効果の高い成分を配合したフェイスパックがおすすめです。お肌の表面にとどまってフタのような役割をしてくれます。ぴったりフィットしたフェイスパックは保湿効果大です。

日焼け後のお肌はいつものケアにプラスして、しっかりと保湿してあげることが重要です。

まとめ

紫外線によるダメージは一度受けてしまうと消すことができません。若いころからのケアがとても大切になってきます。
日焼け止めなど、紫外線を防ぐための工夫をしたり、化粧品をうまく利用したりアフターケアをすることで、肌老化やシミ、たるみを防ぐこともできます。
また、運動会などの野外イベントの後や、週末に一度でも保湿力の強いフェイスパックなどを使ってあげることで、肌ダメージの修復により効果的です。

アズマカラーがご提案するOEM製品はいかがでしょうか。GELシートパックはひんやりとした使い心地が日焼けした肌にぴったりフィットして肌ダメージを和らげます。

また、フェイスパックコラーゲンヒアルロン酸・セラミドなど、複数の成分を配合でき、おすすめのケアです。

紫外線を浴びたお肌はとてもデリケートです。そっと乗せるだけ・貼るだけの簡単シートパックで荒れたお肌を整えましょう。

【注意】新型コロナウイルス関連肺炎による影響で感染予防用マスクのお問い合わせが急増しております。当社では感染予防用マスクは取り扱っておりません。予めご了承のほどお願い致します。

お問い合わせ
PAGETOP
Copyright © 株式会社アズマカラー All Rights Reserved.