化粧品受託製造と化粧品OEM製造の違い

化粧品受託製造と化粧品OEM製造の違い

オリジナル製品を作ってみたいと思う時に化粧品受託や、化粧品OEMという言葉で検索をすると思います。同じ意味合いにも取れますが、微妙にニュアンスが違う場合があります。同じ意味だと思って使っている方がほとんどだと思います。

化粧品受託製造とは、他社に代わって自社の生産ラインとノウハウを使い、生産を受け持つということ。製造には薬機法という法律にのっとり生産する必要があります。化粧品製造許可、化粧品製造販売許可などの資格も必要です。一から始めるとなると生産に至るまで多くの手続きがあり時間もかかります。こういったことをすべてカバーできるのが受託製造会社です。

 

一方、OEM製造とは、original equipment manufacturerの略語。
original equipment manufacturerとは、お客様のブランド製品を作ること、又はその企業という意味です。化粧品業界ではこれを訳して化粧品OEM製造と呼ばれています。
この場合、お客様が設計された製品を生産します。委託先の生産ラインを使用することによりお客様は様々なメリットを受けられます。
例えば、業界に参入したいけど、設備投資するほどの予算がない、または今あるブランドのラインナップを増やしたいけどラインがないなど。お客様には販売に必要な必要最低限の少ロットで生産できるほか、設備面の資金的な負担がとても少なくて済むなどのメリットがあります。

多少意味あいは違いますが、どちらも自社の生産設備を使って他社に製品を供給するという点では同じことといえます。

化粧品受託製造というと堅苦しい感じがしますが、英語にするととても親しみやすくなります。検索などをする際にもとても便利。上手に浸透してきたといえます。

補足ですが、同じような言葉でODM製造というものもあります。こちらはOriginal Dezin manufacture の略語で、お客様のブランドで設計・生産することです。
お客様から依頼のあった製品を委託企業が考え提案していく形態です。

 

知識としてご紹介いたしましたが、アズマカラーではお客様のオリジナル化粧品の受託製造を承っています。コンセプトがなくても、漠然としたイメージだけでも大丈夫です。経験豊かな担当者が一からご相談に乗らせていただきます。こちらからのご提案ももちろんできますので何なりとご相談ください。

ご興味のある方はお問合せよりご連絡ください。お待ちしております。

 

化粧品受託製造製造製品ラインナップフェイスマスク自動抜き機で作ったアズマカラーの専用顔型シート

 

 

 

 

 

フェイスマスク自動抜き機で顔型にしたアズマカラーオリジナルのフェイスシート↑

【注意】新型コロナウイルス関連肺炎による影響で感染予防用マスクのお問い合わせが急増しております。当社では感染予防用マスクは取り扱っておりません。予めご了承のほどお願い致します。

お問い合わせ
PAGETOP
Copyright © 株式会社アズマカラー All Rights Reserved.