OEM製造の流れ

OEM製造の流れ

オリジナル化粧品の企画~製造・納品まで

オリジナル化粧品のOEM製造を依頼した場合、企画から製品化、製造、納品まで、すべての工程での流れをご説明いたします。

アズマカラーは、貼る化粧品(フェイスパック・フェイスマスク)を専門にOEM受託製造を行う化粧品製造会社です。

今までにない、商品企画などもお受けいたします。業界初、世界初を一緒に作ってみませんか?

1.打ち合わせ
オリジナル化粧品を受託製造するうえでとても重要な、お時間をかけて、OEM先様のご要望をお伺いします。フェイスパックのタイプ、生地の種類、配合成分、美容液の量、こんな使用感のものを作りたいなど、具体化していきます。どのようなオリジナル化粧品をイメージされているのか細かく聞きとっていくことがとても重要です。もちろん具体案が無くても大丈夫です。ご要望をくみ取り、こちらからご提案させていただくこともできます。
製造製品の決定
2.サンプル作成
OEM受託製造先様とのお打ち合わせの内容から、処方を考え、まずはビーカースケールでのサンプルを作成させていただきます。アズマカラーの経験を活かして、配合成分の比率や内容の改良などを繰り返し、製品を開発いたします。
ご納得のいく製品サンプルが仕上がるまで何度でも改良いたします。お客様専用の、ゼロからのオリジナル処方をお作り致します。知識がなくてもご心配はいりません。ご要望に沿った処方をご提案いたします。
処方決定
3.商品仕様決定
OEM受託製造先様のご要望に沿って仕様を決めていきます。
商品の最終販売形態を決定し、そのために必要な資材などを決定していきます。オリジナルフィルムパッケージの仕様や容器の仕様、化粧箱の有無、梱包用の段ボールの仕様など、最終的な梱包状態や製品の入数まで、細かな打ち合わせを行います。
資材の中にはお時間がかかるものがございます。このあたりから、デザイン案をお考えいただくと、スムーズに資材の準備ができます。
お客様から資材をご支給いただくことも可能です。
商品仕様決定
4.製品化決定
商品仕様に基づいて、お見積りを作成します。
正式な販売名称決定後、
薬機法に基づいた書類作りをいたします。
その書類をもとに薬務課への申請を行います。
 販売名決定・薬事申請
5.資材の準備
化粧品には薬機法という法律にのっとり細かな規定があります。
広告やパッケージデザインを進める時にに確認を要する様々な要件があります。化粧品には、宣伝文句が非常に厳しく定められています。あまり過激な宣伝や、パッケージの表示不備などがありますと発売することができません。でも、アズマカラーにお任せいただければ、お打ち合わせをしながら資材のデザインなどを決め、準備していきます。
オリジナルの資材を作成する場合には多少のお時間がかかるものがございます。アズマカラーではオリジナルパッケージの製造を行っているため細かいご要望にも対応できます。
資材・包材の準備
6.オリジナル化粧品製造
資材の準備が整ったら、ご注文頂いた商品を、化粧品GMPに準拠した管理のもとでOEM製造いたします。アズマカラーの製造工場内ですべての作業を行い安心・安全な化粧品を作ります。ご支給資材の場合は製造に入る前までに入荷していただきます。
生産・製造
7.納品
お客様のオリジナル化粧品を大切にお手元にお届けいたします。
納品後のお客様の声をお聞かせください。今後のよりよい商品づくり、
そしてお客様の ご満足のために、今後もより良い化粧品の研究を継続していきます。
出荷・納品

お客様の声はこちらから→化粧品OME事例

【注意】新型コロナウイルス関連肺炎による影響で感染予防用マスクのお問い合わせが急増しております。当社では感染予防用マスクは取り扱っておりません。予めご了承のほどお願い致します。

お問い合わせ
PAGETOP
Copyright © 株式会社アズマカラー All Rights Reserved.