化粧品製造会社

 

化粧品製造会社

0003_R[1]

アズマカラーは製造設備を保有している化粧品製造会社です。製造にかかわる工程を自社工場内で行います。

原材料調達・製造・梱包までのすべての工程を自社で行い、日本国内で国産製品の生産を行うことができる施設を保有しています。化粧品OEMをアズマカラーにご依頼されたお客様には、安心・安全な日本品質の商品を提供することができます。

海外では日本製の製品は根強い人気があり、Made in Japanであることが、海外販売するにあたって大きなアドバンテージとなっています。海外から見ると日本製の化粧品は安全性も効果も高く、品質面で大変信頼度が高といえます。また、日本の化粧品は高級というイメージがあります。

日本国内で作っているというだけで、日本製を掲げてしまいがちですが、実際に、お客様に満足していただき、安心・安全にご使用いただける日本品質での作業を行わなければ、海外の人にも受け入れていただけないと考えています。

日本の化粧品製造会社として恥じないように、原料調達も主に日本の原料メーカーとの取引を行っています。化粧品製造工場内は温湿度が管理されている、クラス10000(通称無菌室といわれています)のクリーンルームの環境下で生産を行います。GMPに準拠した環境の中で、原材料の調合から、製品の梱包までを行います。Made In Japan 品質を守るために必要な品質管理、さらに安全性の確認などを行いながら、化粧品製造会社として徹底した品質管理を行っています。

また、海外へ輸出の際は輸出業務も行っております。

安心安全なモノづくり

皆様は、薬機法ということばは聞いたことがありますか?以前は薬事法と呼ばれていました。平成25年11月に、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(以下、「薬機法」)という法律に改正されました。
化粧品を日本国内で、作ったり、売ったりするには薬機法に基づく許可を取得する必要があります。化粧品製造会社として事業を展開するにあたり、化粧品製造販売業・製造業の許可を取得しました。

化粧品製造販売業・・・化粧品製造会社で製造された化粧品の品質確認を行い、責任を以て市場に出荷するのに必要な許可となります。

化粧品製造業・・・化粧品を製造するのに必要な許可、最終の箱詰めだけ、袋詰めだけ といった工程でも必ず化粧品製造業が必要となります。

製造販売業許可を取得するには、GVP(Good Vigilance Practice:安全管理の基準)と、GQP(Good Quality Practice:品質管理の基準)が国から省令として公布されています。化粧品メーカーは、省令に遵って、品質保証・安全管理業務を適切に業務を行わねばなりません。
GQP、GVP体制の整備が製品を市場に送り出すのに必要になっています。化粧品の製造には、「薬局等構造設備規則」という省令に適合した環境である必要があります。又、製造した化粧品の品質などを管理するGMP(Good Manufacturing Practice:医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準)に準拠して、化粧品一つ一つの品質管理を行っています。様々な要件を満たして化粧品メーカーとして安心・安全な商品を作っています。

モノづくり一筋40年

アズマカラーは、創業2022年で創業40周年を迎えました。歴史をもつ日本国内で、モノづくり一筋に行ってきた製造会社です。日本の「モノづくり」のノウハウを生かして化粧品製造会社として地位を築いています。

フィルムパッケージ作りで培ったフィルムを扱う技術を生かして、GELシートパックを開発しました。日本製を前面に打ち出し、日々、商品開発を行っています。
会社概要にも掲載していますが、製造施設は、関東近郊からの交通の便が良い、さいたま市岩槻区の工業団地内にあります。
(車:東北道岩槻インター降りてすぐ、電車:東京、新宿、横浜方面から乗り換えなしで最寄りの宇都宮線蓮田駅まで来ることができます。)

アズマカラーは化粧品OEMメーカーとしてお客様のご要望に応じた製品を一から作ります。

 

彩の国工場

アズマカラーは平成27年に彩の国指定工場に認定されました。彩の国指定工場とは、特徴のある技術を有し、他の模範となるような県内の施設を指定するものです。

アズマカラーのジェルシートパックは、創業以来培ってきたグラビア印刷のフィルムを扱う技術を応用して生まれたものです。他社にはまねができない技術として認定していただきました。

 

 

アズマカラーの役割

アズマカラーが化粧品製造会社として化粧品OEMの案件を受注する場合、実際に商品を販売するのはお客様になります。お客様から単純に化粧品OEMを受けるだけでなく、お客様が販売しやすい商品、安心、安全な商品をご提案しながらすすめていきたいと考えています。その為にはお客様の細かいご要望にお応えできる体制をご用意しています。

お客様の満足のいく、化粧品の種類(剤型)や配合美容成分の提案などを細かく打ち合わせすることが可能です。ご希望の美容成分が、製品に配合の可否の判断を、試作を行い確認します。お客様に知識がなくても、アズマカラーの開発・品質管理部で可能な限り安全性を確認し、お客様に安心して販売していただける化粧品をつくることが可能です。

また、アズマカラーは、包材フィルムの扱いが得意な会社です。フェイスマスク、バイオセルロースマスク、GELシートパック、オイルゲルシートが包装されている袋も自社で製造することが可能です。

化粧品OEMをご依頼の際、フェイスマスク、バイオセルロースマスク、GELシートパック、オイルゲルシートのご相談はもちろん、配合できる成分や、人気処方、オリジナル処方など、ご要望にもお応えできます。お気軽にお問い合わせください。

また、詳しい説明は、化粧品OEM製造のページもご覧ください。

←自社で印刷したフィルムパッケージ