機能性フィルム試作・製造

機能性フィルム試作・製造

機能性フィルムの試作、製造を受託します。

アズマカラーでは、機能性フィルムの試作、製造を受託します。お客様が開発した液体を、均一にムラがないように塗工いたします。又、厚みもミクロン単位で設定して、高精度の加工を実現いたします。

均一に溶液を塗る加工方法がわからない?

溶液を均等に塗るには?

などと考えた方にはぜひ アズマカラーで、均一塗工の試作を依頼してみませんか?

コーティングマシン(通称:コーター)はクリーンルームに設置されていて、クリーン環境での作業をおこないます。

機能性フィルムとは

機能性フィルムとは、プラスチックフィルムに、機能性溶液を均一に塗工したものを指します。

機能性フィルムという言葉を知らなくても、知らず知らずのうちに使用しています。

例えば

液晶の画面を構成しているシート

太陽光パネルの部材

養生用の保護シート

車のスモークガラス

粘着テープ

など 様々な用途で利用されています。

例えば、身近なテープを例に挙げてみましょう。

強粘着、弱粘着、貼ったらはがせる粘着など、粘着剤の種類は様々です。

粘着剤が塗ってある基材(フィルム)に注目してみましょう。

セロハン(セロハンテープ)、OPP(OPテープ)、コート紙(クラフトテープ)、アルミ(アルミテープ)など用途によって使い分けられています。

粘着剤とプラスチック基材の組み合わせだけでもすごい種類になります。

機能性フィルムはそんな無数の選択や組み合わせから、最適な組み合わせを探さなくてはいけません。

そのような組み合わせを見つけるためには、大きな機械の生産機では、溶液だけでも 50㎏~100㎏という量を使用します。基材幅も狭いものでは加工することができないため、あまり効率の良い作業ではありません。

しかし、アズマカラーのコーターを使用すれば、コンパクトな 300mm巾の基材 2kg程度の溶液にて作業を開始することができます。塗工方式も選択できるため様々な溶液を加工できます。

溶液を均一に塗ってみませんか?

お客様が開発した溶液や、お手持ちの溶液を、プラスチックフィルムに均一に塗ってみませんか?

アズマカラーにあるコーターでは、様々な液体を加工することができます。

コーティングマシンは、ヒラノテクシード社製の機械を導入し、実績もあり抜群の精度を誇ります。

小径グラビアキスリバース方式の薄膜塗工から
コンマコーティング方式による厚膜塗工まで 幅広い厚みに対応致します。

試作塗工では、作業量ではなく 時間当たりでの単価となります。

溶液を数種類持ち込んでのデータどり、基材を数種類使用してのサンプル取りなど、何回でも何種類でも時間内でしたら可能です。
高価な溶液や少量しか作れない試作溶液でもテスト塗工することが可能です。

精度の高いヒラノテクシード社製のコーティングマシンで機能性フィルムの試作をしてみませんか?

お問い合わせ
PAGETOP
Copyright © 株式会社アズマカラー All Rights Reserved.